スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[笑道] 第一章(7)-合格通知-

連載小説
「笑 道-わらいのみち-


役者志望の少年が、何の因果かお笑い芸人の世界へ。
タレント養成所を舞台に、『笑い』をテーマにした物語。
笑いの要素は一切ありません。ヘンなキャラ芸人ばっかりです。
でも、「笑い」って何なのかを伝えられる作品にしたいです。

携帯サイト…ぶんろぐPK…にて
先行連載中の作品を、加筆修正してアップ。

本作品の解説・登場人物紹介はコチラ
『笑道-わらいのみち-』解説・登場人物紹介

「笑道-わらいのみち-」
第一章「華やかなる世界へ」(7)-合格通知-


本文をお読みいただく前にポチっとご協力お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 小説ブログへ

本文は[READ MORE...] をクリック!



 オーディションから二週間後、リビングで昼寝をしていた僕は雪菜の大声でたたき起こされた。

「兄ちゃん! 兄ちゃん!」

「うるさいな。何だよ……」

「着たよ! 『フェイス・アクト』から! ほらっ!」

「あ……」

 それは『フェイス・アクト』からの面接結果通知だ。どうせ落選の知らせだろうと最初は思った。その封筒の大きさと厚みを見るまでは。

「え……? え?」

 僕は急いで封筒を開いた。それでも慎重に、破らないように開封した。ひょっとすると、これから一生大切にしておかねばならない、そんな重大な知らせかもしれないからだ。

「これ……え? ウソだろ」

 そして、僕がその結果を読みきるまでに、雪菜が嬉しそうに口にした。

「おめでとう、兄ちゃん」

「……ん、ありがとう」

「お母さんに知らせてくるね!」

 雪菜はドタドタと二階に居る母さんの下へと階段を駆け上がっていく。僕はその間、何度も何度もその合格通知を眺めていた。何かの間違いか。いや、確かにその金縁で彩られた証書には、『合格』の文字がある。まぁ、まさか金縁に『不合格証書』なんて書いて送ってくる嫌味なことはしないだろう。
 この二週間、諦めようと必死だった新しい居場所への扉。今それがまさに開かれようとしている現実を、僕は静かにかみ締めていたのだった。

「やったな、光弘」

 その日の夕食、家族からの祝福に僕はただ苦笑いを浮かべた。合格証書を見て何時間経っただろう。今にしてもあのオーディションの内容で合格できるとは思えなかったからだ。

「でも、これからが本当の意味でのオーディションみたいなモノだからなぁ。まぁ頑張れよ」

 励ましてくれた父さんの言葉で、ようやく僕はその世界を踏み出すスタートラインに立てた気がした。そうだ、まだ僕はスタートすら切っていなかったのだ。

「うん、頑張るよ」

 華やかなる世界への第一歩が刻まれようとする。それは自分を変える為に求めてきた居場所。自分で行動に移し、切り拓いてゆく新しい世界。
 ただ、自分一人の力だけで、居場所を作る事などできないのだと知ったのは、まだまだ先のことだった。




第一章「華やかなる世界へ」(7)-合格通知-  ここまで

第二章「別世界」に続く

▼投票していただけると励みになります▼
にほんブログ村 小説ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桶乃弥

Author:桶乃弥
管理人 桶乃弥


細々と小説とか詩とかアップしている自己満足ブログです。

画像のうさぎは自宅で飼っていたネザーランドドワーフの「みかん」。



管理人ブログごあんない

小説家になろう
……桶乃弥の作品掲載中

mixi
……ミクシィもやってます

ota-broadcast
……桶乃弥ブログの前身。雑談・音楽・テレビ・ドラマ・仮面ライダーレビューなど。みかんの部屋もあります。

……ぶんろぐAmeba……
……お気に入りの音楽とか雑談

……ぶんろぐsponavi……
……トルチエ日誌・サッカーレビュー等

関連サイト
ブログランキング

-ブログランキング-
ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2カウンター
小説家になろう 桶乃弥作品
カテゴリー
twitter
最近の記事
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。