スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[トル日誌]東アジア選手権日本VS香港

トルチエ日誌
東アジアサッカー選手権2010 決勝大会
日本 VS 香港


~トルチエ日誌~
主にサッカー日本代表の試合感想を、
元日本代表監督トルチエが語り、ダバテイが通訳します。
つまり、ド素人によるただの妄想レビューです。


-関連リンク-
スポナビ試合詳細
日本、3-0で香港に勝利
yahooニュースヘッドライン
闘莉王「10点取れた試合」/東ア選手権

過去のトルチエ日誌
2007年8月以降~
2005年6月~2007年7月


※今後のトルチエ日誌は
……ぶんろぐsponavi……
にて更新していきます。



2010年2月12日 とあるホテルの一室

記者
「トルチエさん、おはようございます。
今年初めてのトルチエ日誌です。よろしくおねがいします。
トルチエ
「ウィ~シェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」

ダバテイ(通訳)
「よろしくどうぞ」


記者
「東アジア選手権の第2戦。ここまでスコアレスドローが続いた中での香港戦。
日本は勝つには勝ちましたが格下相手に3-0という少々物足りないスコア。
トルチエさんの率直なご感想をお願いします」
トルチエ
「ウィ~シェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」

ダバテイ(通訳)
「こんなもんでしょ」


記者
「……。
では試合について詳しくお願いします」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」

ダバテイ
「オフを経て試合勘を取り戻す試合。それはもはやこの試合では言い訳に過ぎません。
まず、この東アジア選手権という3試合に、どういうプランで挑んだのか。
そこが不透明なのです。だから選手にも全く気迫が感じられないのです。
中途半端なスタメンでスタイルを守ろうと恐る恐るプレーするからパスミスも引き起こすわけです。
初めから国内組で挑むわけだったのですから、
結果ではなく、若手を試すとか当落線上の選手をふるいにかけるという
明確なビジョンがあれば、選手だって気を引き締めて挑んだでしょうし、
もう少し引き締まった試合になったでしょう。
ですが、あまりにも不透明。まるで小沢一郎や朝青……」


記者
「やめなさい。
……ただ、タイトルの懸かった試合ですし、
平山や香川など選手を試しつつ、これまでの岡田ジャパンスタイルを確立させ
タイトルを獲る。これは当然のことだと思いますが」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」

ダバテイ
「日本のサッカーはいつからそんなに器用になったのか……。
ならば初めからイエメン戦のような若手主体で挑めばいいのです。
その方がよっぽど選手だって気合が入るはずです。何しろ確実に当落線上なのですから。
お尋ねしますが。岡田ジャパンスタイルって何ですか?」


記者
「それは……人もボールも動く運動量とスピード、パスを生かした日本らしいサッカーかと」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」

ダバテイ
「W杯目前になってまでそんなボンヤリしたビジョンでどうするのですか。
やっぱり最後は選手任せですか?
ジーコジャパンは黄金の中盤と持ち上げ。
選手のアイデアを重視するサッカーに終始し、現場をヒデにまかせっきりにした挙句、
最後はヒデが孤立する形で失敗した。
残念ながら今の日本にはヒデのように現場で闘争心を植えつける選手が殆どいない。
かといって岡田監督が植えつけるわけでもない。
昨晩の試合後のインタビューで『ロッカールームではあまり選手に声をかけない』
という岡田監督の発言には驚きました。これではまた監督と現場が分裂しかねません。
監督も戦っているのなら、試合後にロッカールームで檄を飛ばしてもいいでしょう?」


記者
「まぁ、インタビューではそういってるだけかもしれませんし」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」

ダバテイ
「いやいや、そういう姿勢が垣間見えればサポーターもブーイングなんてしませんよ」


記者
「ですが、選手は一生懸命やっています」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」

ダバテイ
「当たり前です。それは私も否定しません。
ですが、ビジョンが明確でなければ、選手の技術以上を引き出すことができません。
日本人には火事場の何とかという、スカウターもぶっ壊れる力があるはずです。
欧州のプレーヤーも舌を巻くほどの潜在能力があるのです。
それを引き出すためには多少の荒療治が必要なのです。
ここ3試合のスタメンを見て、あなたは魅力を感じましたか?
得点の気配を感じましたか?お利巧サッカーはもう結構。
もうW杯は目の前です。中途半端な試合なんてサポーターは望んでません」


記者
「ネガティブなご意見も結構ですが、では具体的にはどうすればいいのでしょうか
トルチエさんならどうされますか?」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」

ダバテイ
「これまでも散々言ってきましたが……」


記者
「フラットスリーとか言うなよ」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」

ダバテイ
「……。闘争心と日本代表への誇りです。このチームにはヒデのような存在が居ません。
トゥーリオだってもっともっと怒っていいんです。
平山が外しまくってましたが、その度に怒ってました。
あの気合がそろそろ他の選手にも飛び火していいはず。
日本人はどうも優しすぎる。そのクセ出る杭を打とうとする気質もある。
ヒデが良い例でした。
このままではジャンボ鶴田のように、善戦マンと言われるのがオチです」


記者
「ただ、昨晩の試合では平山を投入後、やるべきことが明確になり、
非常に得点の気配も増えたと思いますが」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」

ダバテイ
「ただ、平山はジョーカーとは言えない。どちらかといえば先発タイプ。
平山が一発のチャンスで確実に決められる力を持っていれば別ですがそうではない。
それでは欧州や南米はすぐに修正してきます。
そうなると平山を軸に二列目三列目の波状攻撃が重要になる。
平山をポストにするならば前半以上に全選手が前を向いて走らなければならない
ただ、まだまだ一歩が遅いんです。その一歩を引き出すのは誇りであり闘争心です」


記者
「難しいですね。もっとも、その平山も本番で残るかどうかもわからないわけで。
えっと他に気になった点はございますか?」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ……
ティユティケスクセドゥドゥチョコラビービーケスクセ」

ダバテイ
「なんと言ってもオフサイドをとられた時に、線審が見せたグッジョブのサインです。
あれは主審に向けて示したのでしょうか?
それと、フジの実況。
イエメン戦では平山がハットトリックを決めたものの、
あれは若手主体だったからあまり参考にならないと表現したのも解せない。
日本代表としてトータルで語るなら分かりますが、
平山個人のプレーには若手主体だろうと何であろうとそれは関係ありません。
アジアカップ予選という舞台。相手もあることですからね」


記者
「あぁ、いつも細かいね。ありがとうございました。
ところでトルチエさん、韓国戦はズバリどう予想されます?」
トルチエ
「全選手総入れ替えやな」

ダバテイ
「キムヨナに勝てるかなぁ……」



※今後のトルチエ日誌は
……ぶんろぐsponavi……
にて更新していきます。
スポンサーサイト

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桶乃弥

Author:桶乃弥
管理人 桶乃弥


細々と小説とか詩とかアップしている自己満足ブログです。

画像のうさぎは自宅で飼っていたネザーランドドワーフの「みかん」。



管理人ブログごあんない

小説家になろう
……桶乃弥の作品掲載中

mixi
……ミクシィもやってます

ota-broadcast
……桶乃弥ブログの前身。雑談・音楽・テレビ・ドラマ・仮面ライダーレビューなど。みかんの部屋もあります。

……ぶんろぐAmeba……
……お気に入りの音楽とか雑談

……ぶんろぐsponavi……
……トルチエ日誌・サッカーレビュー等

関連サイト
ブログランキング

-ブログランキング-
ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2カウンター
小説家になろう 桶乃弥作品
カテゴリー
twitter
最近の記事
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。