スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[トル日誌] 北京五輪 日本VSオランダ

トルチエ日誌
北京五輪
日本 VS オランダ


-関連リンク-
日本、オランダにも敗れて3戦全敗
3戦全敗1次L敗退、反町監督に選手造反
全敗も当然…バラバラだった反町ジャパン

元日本代表監督トルチエ氏と
その通訳ダバテイ氏が繰り広げる妄想レビューコーナー。

2008年8月14日 とあるホテルの一室

記者
「トルチエさん、おはようございます。
北京オリンピック男子サッカーグループリーグ第三戦。
日本は0-1でオランダに敗れ、全敗で北京を去ることが決まりました。
トルチエさんの率直なご感想をお願いします」
トルチエ
「ウィ~シェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ・・
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」

ダバテイ(通訳)
「フェンシング競技のかもし出す近未来的な風景に舌鼓」


記者
「……。
サッカーの試合内容について詳しくお願いします」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ・・
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」

ダバテイ
「内容そのものはグループリーグ通して一番良かった。
選手たちは出足もよく、チャレンジしてくれました。
失点はPK。もはや敗退は決まっていたので、
結果では無く選手の意地に期待していました。
そういう意味では皆よく動いて頑張ったと思います」


記者
「しかし、チャンスが多いのに決められない。
何度も言われている決定力不足は今後解消できるのでしょうか」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ・・
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」

ダバテイ
「チャンスが多いとは思えなかった。
相手を崩せる場面で日本は何度も自滅した。
ゴール前でフリーでボールを受けても
大きく枠を外すシュート。
決定力以前に選択肢やチャンスを自らで潰し、
消去法で戦うサッカーをやっていてはいつまでも勝てません。
どうしてそうなるのか。
それはやはり監督を含め選手の一体感の欠如です」


記者
「本田圭佑選手が造反したようですが……。
そういう部分でしょうか」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ・・
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」

ダバテイ
「そうですね、監督のプランに対する選手らの気持ちのズレは、
試合を行ううえで大きなマイナス要因。
勝利への執念は選手それぞれが持ち合わせているでしょう。
しかし、それと同時に勝利に導く組立手順が
チームとしてバラバラでは勝てる試合も勝てなくなる」


記者
「組立手順ですか?」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ・・
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」

ダバテイ
「例えば一つの家を建てる場合、
限られた時間の中で一気に全ての工程が行えるわけではない。
まず基礎、そして骨組み、
そうしてようやく設備の搬入や外装、内装に取り掛かれる。
内装一つとっても、まず下地作業を行い、
設備が導入され、最後に化粧作業に移る。
ここで時間が無いからと先を急ぎ、
設備の導入前にも関わらず化粧作業を行ってしまえば、
たちまち全ての連携がストップしてしまう。
一からやり直すことでさらに時間を要してしまうだけでなく、
それどころか疲労という名の費用も余計にかさむわけです。
それぞれの役割(ポジション)を担う職人(選手)が、
完成形(勝利)を目指す志は一つかもしれないし、
一つにならなくてはいけない。
しかし、ひとたびその手順を誤ると全てが後手後手になってしまう。
無駄に時間はかかる、ミスは続発する、ツメが悪くてアラが目立つ。
これが今の日本のサッカーなのです」


記者
「設計や現場監督、職人も家を建てる上で意思がバラバラだったと」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ・・
ティユティケスクセドゥドゥチョコラ」

ダバテイ
「そういうことですね。
攻撃に転じた時の完成形への意識の核が無いのがこのチーム。
パターンや型に捉われる必要はありませんが、
攻守の切り替え時などの試合手順。
つまり試合全体を把握する意識の疎通が選手全員に浸透していない。
だから、せっかく数的優位のカウンターチャンスも、
手順を守らない他の上がりを待ってしまって結局相手に守備を固められる。
逆に劣勢の時こそDFでボールを回して落ち着かせればいいものを、
無理に攻め急いだ挙句パスミスを引き起こしボールを奪われる。
木を見て森を見ないからこういうことになるのです。
この選ばれた代表選手たちで2年前から通してやってきたことならば
そうした問題も改善できていたでしょう。
しかし、要となるFWやMF。
DFさえも、2年前とは全く異なるチーム。
あまつさえ反町監督の描くシステムが一貫性を欠いていた。
その時、その時の調子のいい駒(選手)でシステムを変更する。
将来を見据え1+1が10や20になることを求めず、
その場その場で1+1がしっかり2になることを求めた。
個人技優れた世界の強国ならいざしらず、
個人技で劣る日本が本番で1+1=2で戦い勝てるわけが無い。
この全敗の理由の大きな原因はそこだと思います」


記者
「なるほど。
しかし、もう目前にワールドカップアジア最終予選が迫っています。
オシム監督から岡田監督に代わり、
フル代表も非常にあやふやな設計段階での大一番を迎えることになりそうですが」
トルチエ
「ウィシェトトプテュルテュルドゥドゥドゥ・・
ティユティケスクセドゥドゥチョコラビービーケスクセ」

ダバテイ
「今のままでは手抜き工事も免れない。
どこかの一級建築士に頼んで
選手能力の偽装でもやってもらいましょう」


記者
「……ふざけんなテメー。
ありがとうございました。
ところでトルチエさん、なでしこ来るかもよ」
トルチエ
「なでしこは完成形やで!」

ダバテイ
「なでしこが勝つ(家を建てる)ためには、
ピッチ(土壌)がしっかりしていることが求められます」


 トルチエ日誌 終


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ : 北京五輪
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桶乃弥

Author:桶乃弥
管理人 桶乃弥


細々と小説とか詩とかアップしている自己満足ブログです。

画像のうさぎは自宅で飼っていたネザーランドドワーフの「みかん」。



管理人ブログごあんない

小説家になろう
……桶乃弥の作品掲載中

mixi
……ミクシィもやってます

ota-broadcast
……桶乃弥ブログの前身。雑談・音楽・テレビ・ドラマ・仮面ライダーレビューなど。みかんの部屋もあります。

……ぶんろぐAmeba……
……お気に入りの音楽とか雑談

……ぶんろぐsponavi……
……トルチエ日誌・サッカーレビュー等

関連サイト
ブログランキング

-ブログランキング-
ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2カウンター
小説家になろう 桶乃弥作品
カテゴリー
twitter
最近の記事
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。